ピルの中で避妊に効果的な医薬品とは?

ピルの中で避妊に効果的な医薬品とは?

避妊方法の中でも女性が主体となって行う方法にピルの服用があります。
ピルと一口に言ってもその種類にはいくつかあり、中でもとりわけ親しみやすいとされているのが低用量ピルです。

低用量ピルは毎日同じ時間帯に錠剤を服用することでその避妊効果を高めていきます。
一回飲んだらもう大丈夫というわけではなく、30日間毎日欠かさず飲み続けることでその月の避妊が可能です。
特に服用による影響が大きいわけでもなく、服用によって月経前症候群などの治療にも役立ちます。

低用量ピルの避妊率は99.9パーセントともいわれており、その効果の高さから多くの場面で支持されています。
コンドームや避妊フィルムなど、その他の避妊具と併用することでさらに高い効果が期待できるため、望まぬ妊娠を未然に防ぐことができます。

自分の体質に合った低用量ピルを選ぼう!

先にも述べたように低用量ピルは服用によって症状が出にくいことが魅力の一つとされています。
ただ、すべてのケースで全く違和感なく服用ができるのかと言われればそうではなく、時には低用量ピルが体質に合わずに諸症状が出ることがあります。

低用量ピルによる副作用

具体的な例を挙げるとすれば、頭痛や吐き気、めまいなどの症状です。
妊娠初期のような不快な症状が続くため、これを何かの病気かと勘違いしてしまう人も中にはいます。
とはいえ、ごくごく軽度の場合であれば服用を続けることで症状は徐々に収まっていきます。
体が薬に慣れてくるわけです。

ただ、あまりに症状が顕著に表れる場合や日常生活に支障が出る場合には、低用量ピルの種類をかえていくのがおすすめです。
種類を変えるだけでも体質に合うものであれば苦しい諸症状から解放されますし、同時に避妊効果は高いままです。

まずは医療機関で処方される低用量ピルを服用すること、そこで自分の体質に合っていればそのまま服用を続ければいいですし、そうでなければその都度主治医に相談していきましょう。
主治医次第ではいくつかの低用量ピルを試すことが出来ますし、そこでより自分の体質に合った避妊方法を選ぶことが出来ます。

有名なトリキュラー

低用量ピルで知られているものにはトリキュラーが挙げられます。
ごくごく一般的な商品である他、日本人の体質にも合いやすいのがメリットで、医薬品を購入する際には参考にするといいでしょう。
もちろん、医療機関で処方される医薬品に個人が意見するわけにはいきません。
処方するものを選ぶのは主治医です。
とはいえ、問診や診察の段階で相談しておくのもひとつの手です。

ただ、中には低用量ピルの服用自体がタブーとされる体質の人もいます。
妊娠をしている人はもちろんのことですが、血栓によっておこる病気を持っている人、エストロゲンというホルモン分泌が過多の人はピルの服用が止められます。
ホルモン分泌が過剰になることで新たな病気の引き金になりますし、そのほか血栓や血流の変化で危険が及ぶリスクもあります。

こうした症状が前もってわかっている場合には医師に相談をしておくことをおすすめします。
ごくごく軽度の症状であれば様子を見ながら避妊薬の服用が可能な場合もあります。
すべてのケースがそうというわけではありませんが、この場合では無理はせず臨機応変に対応していくことが大切です。

低用量ピルの種類はたくさんある

実は医療機関によって扱っている低用量ピルの種類が違ってくることがあります。
トリキュラーのような一般的な低用量ピルであればさほど心配はありませんが、できるだけ複数の低用量ピルを試してみたいという場合には病院選びにも注意する必要があります。

例えば、月経前症候群の治療のために低用量ピルの他、中用量ピルや高用量ピルなどの取り扱いもしているところ、避妊のための手段について女性目線で診察をしてくれるところなど、魅力のある医療機関を受診していきます。

もちろん、実際に受診してみない事にはわからない点もありますが、保険が適用されない避妊目的のピル購入はその分費用も高くなる傾向があります。
一般的に、トリキュラーなどの低用量ピルであれば1シート3千円程度で売られているところがほとんどですが、それぞれで経費が変わってくる点は知っておくに越したことはありません。

事前に問い合わせをしておけばその金額を把握することが可能です。
プラスαで取り扱っているピルの種類についても知ることが出来るため、できるだけ自分が利用しやすい病院をチェックしていくことをおすすめします。

低用量ピルの場合、少なくとも数か月に一回はピル購入のために医療機関を受診しなければいけません。
その手間もさることながら診察料も回数を重ねれば馬鹿になりません。
長く続ける避妊方法であれば特に、自分が無理なく服用を続けられるようにこうした病院選びや費用の面でも気を配っていくようことをおすすめします。

そもそもピルのどんな効果で避妊できるの?

そもそも、低用量ピルはどういった仕組みで避妊効果を発揮しているのでしょうか、実は女性の体には欠かせない女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。

女性の体は妊娠しやすい体になるために、毎月のように排卵、生理が行われています。
卵巣で卵子が作られるようにホルモン分泌が活発になり、それによって卵子が卵管を通り子宮に送られます。
排卵日付近に性行為を行えば、ここで卵子と精子が受精し、妊娠することになります。
本来、妊娠を望んでいるのであればこの仕組みをうまく生かして性行為を行っていくわけです。

低用量ピルは妊娠中と似たホルモン分泌を促す成分が配合されています。
つまり、妊娠中のような体の状態にして、新たに卵子が作られることも、受精につながることも防いでいるわけです。

飲み忘れに注意しなければいけない

低用量ピルは高い避妊効果が確認されていますが、完ぺきな避妊方法と断定できるわけではありません。
低用量ピルの服用を忘れてしまうなど人為的なミスがあれば、当然ホルモン分泌の状態も変わり卵子が作られてしまいます。
そこで避妊のない性行為があれば当然のこと、妊娠する可能性も出てきます。

低用量ピルを服用する際には飲み忘れに注意すること、その避妊効果が100パーセントではないということを十分に意識しておくことをお勧めします。

こうした低用量ピルの飲み忘れを防ぐ方法の一つとして、他の種類のピルの服用が挙げられます。
低用量ピルの他、中用量ピルやモーニングアフターピルがありますが、飲み忘れのリスクが少ないのがモーニングアフターピルです。

モーニングアフターピル

モーニングアフターピルにはアイピルやノルレボなどの商品が挙げられます。
アイピルやノルレボなどのモーニングアフターピルは避妊に失敗した際、性行為の後に服用するタイプの避妊薬です。
所謂緊急避妊薬で前もって準備する必要もありませんし、非常に高い効果があるため、コンドームが破れてしまったなど急な事態にも対応できます。

処方してもらう方法は簡単で、性行為があってからできるだけ早くに医療機関を受診します。
緊急避妊薬を扱っているのは婦人科や産婦人科など、医療機関によってはホームページ上にその詳細が明記されています。

アイピルやノルレボのような緊急避妊薬は性行為からの経過時間が短ければ短いほどその効果が高くなるという特徴があります。
そのため、望まぬ妊娠を避けたいというのであればできるだけ早めの行動が鍵となります。

アイピルやノルレボなどのモーニングアフターピルも低用量ピルと同様にホルモン分泌を促すことでその避妊効果を高めていきます。
緊急避妊薬の場合、低用量ピルとは仕組みが違い強制的に生理を促していくのが特徴です。

ただ、そのホルモン分泌を促す期間が非常に短期間であるため人によっては一時的に気分が悪くなってしまうこともあり、注意が必要です。
トリキュラーなどの低用量ピルの飲み忘れを避けることはもちろんですが、アイピルやノルレボなどのモーニングアフターピルを服用する際にも最低限の注意事項を押さえておくようにしましょう。

体の中から望まぬ妊娠を避けるピル

低用量ピルなどの医薬品はもちろんのこと、モーニングアフターピルも体の中からより強力な形で望まぬ妊娠を避けることが出来ます。
性行為に対して慎重になることはもちろんですが、妊娠という形で女性の人生が大きく左右されることを考えるととても大切なことです。

医薬品を使用するとなると不安に感じる人も中にはいるでしょうが、それはあくまで医師の処方によるものです。
何かしらの諸症状が出てもすぐに主治医による治療を受けることが出来る、これが医療機関で処方される医薬品で避妊を続けるメリットとなります。

安全な形でより確実に避妊をというのであればピルの他にも道具を併用する必要がありますが、緊急避妊薬や低用量ピル、うまく使い分けて女性の体を守っていくことも時には大切になってきます。

ピルは個人輸入で購入できるって知ってた?

低用量ピルは医薬品の一種、特に医師の処方がなければ購入することもできないタイプのものです。
先にも述べたように服用するためには定期的に医療機関を受診しなければいけないため、時には不便に感じる人も出てきてしまいます。

そこでおすすめとなってくるのがトリキュラーなどの低用量ピルを診察なしで購入することが出来る個人輸入という方法です。
日本であれば法律で処方箋がなければピルを購入することが出来ませんが、海外であれば違います。
個人でも自由にピルを購入することが出来るため、そこを利用していくわけです。

個人輸入とは

個人輸入は、仲介役となる業者を間に通して、あくまで個人で医薬品を海外から輸入します。
医薬品の服用に関しては完全に自己責任となるため、時に危険はありますが、あらかじめ内容成分がわかっているものであればその不安は解消できます。

例えば、トリキュラーであれば日本でも一般的に出回っているタイプの低用量ピルです。
海外にも多いタイプのため、偽物であったり体質に合わないなどのトラブルも比較的少ないとされるわけです。

もちろん、低用量ピルの服用に関して、特に初めてという人であれば医師の指導のもと、服用を始めるのがベストです。
何かしらの症状が出たときでも個人輸入という形であればすぐに対応することが出来ません。

個人輸入で低用量ピルを購入することの方法は、ある程度低用量ピルの服用に慣れている人、それでいてピルを飲み続けても違和感なく効果が続いているという人に限られます。
この条件をクリアしていれば少なくとも急な体の変化に焦ることはありませんし、何度も医療機関に足を運ぶ負担を軽減できます。

危険な通販サイトに注意

医薬品の個人輸入において、重要になってくるのは利用する通販サイトの見定めです。
先に書いたように、仲介業者の中には悪質なところもあります。
例えば、購入した医薬品と偽って偽物を送り付けてきたり、明らかに危険な成分の薬を売りつけたりといったケースです。

偽物が送られてきたとしても、素人であればそれを判断することが出来ませんし、知らず知らずのうちに服用してしまいます。
体に支障が出てしまうようではもっての他、しっかり避妊ができる事、そして安全性が確保されていることが第一です。

まず、あまりに価格の安すぎる通販サイトは避けること、そして問い合わせなどをしても連絡がとれないところは信用できません。
会社概要についても住所や電話番号に少しでも不信感を抱いたらその通販サイトは避けるに越したことはありません。

できるだけ大手の、実際にそのサイトを利用して医薬品を購入している人が多ければ多いほど信用はおけます。
少なくとも安全性の高い薬を取り扱っているということが分かれば、あとは自分の体質や状況に合わせた判断です。
この判断さえ間違えなければ、日本の医療機関で購入するよりも安く簡単に低用量ピルを入手できます。

通販する場合も女性は自分の身を自分で守ろう

避妊道具は女性にとってはとても大切な、欠かせないアイテムです。
性行為の頻度が多ければ多いほど、さらには妊娠を望まないのであればしっかりとした準備が必要です。
ピルのように日常生活に溶け込む形で準備を進めていくものであれば尚のこと、道具をそろえるツール、個人輸入代行サイトにも見極めが必要になってくるわけです。

もしも自分でこの個人輸入代行サイトを見極めるのが難しいという場合には、ネット上に公開されているような口コミや評価サイトを参考にするのがおすすめです。
少なくとも大手の個人輸入代行サイトであれば名前が挙がることも多いでしょうし、良質な個人輸入代行サイトであればその分評価も良くなります。

もちろん、ネット上の意見ばかりが正しいというわけではありません。
中にはサクラと呼ばれる参考にならない意見も含まれてはいますが、総合的に情報を判断することで個人輸入するためのより良心的な通販サイトを見つけていくことが可能になっていきます。

ですが実際には安全なサイトはありますので、そちらでピルを購入しているという女性が多くいるのも事実です。
例えばアフターピルは避妊に失敗してから購入しては遅いですから、事前に購入しておく必要があります。

■あんしん通販薬局でピルを購入する女性は多いです
アイピルの通販がしたい方はこちらをクリック