ソフィアCの効果で服用すると太るって本当?

中・高用量ピルのソフィアCを服用すると、その薬理作用が原因で太るという間違った情報が流れています。
実際、服用したことで太ってしまったという口コミもありますが、それはピルの効果が原因で体重が増えたのではありません。

まずソフィアCを服用すると、体内のホルモン分泌が妊娠中と似た状態になります。
具体的には基礎体温に低温期がなくなって、妊娠中に見られる高温期が継続します。
高温期には黄体ホルモンの働きが著しくなり、摂食中枢も刺激されるため、食欲が通常より増加します。

しかしソフィアCそのものに、脂質の代謝機能を抑えて体重を増やす効果はありません。
ただ体温が高まると自律神経も落ち着くため、その結果、間食なども多くなり、人によっては太ってしまう場合があります。

特にソフィアCはホルモンの含有量も多いため、食欲が増える人が多い結果になります。
ただしホルモンが食欲に与える効果は、個人差が大きく、逆に食欲不振になり、体重が減ってしまった例もあります。

さらに人によりますが、中・高用量ピルの副作用のひとつにむくみがあります。
ソフィアCに配合されているエストロゲンというホルモンは、体内のナトリウムイオンを体内に溜める働きがあります。
このナトリウムイオンの濃度が高まると、身体は体液を溜め込みやすくなり、通常より水分の排出量が減ります。
その結果、一時的に体重が増えてしまうケースが見られます。
従って、避妊用のピルの直接的な効果によって、体重が増加するわけではありません。

また肝機能に疾患がある人の場合、避妊用のピルの服用で体重が増えるという憶測もありますが、医学的にはそうした効果は証明されていません。
その他、レボノルゲストレルという成分が多いと男性ホルモンが刺激され、脂質代謝に影響を与えて、体重が増えるという可能性もあります。
これはアンドロゲン作用と呼ばれますが、中・高用量ピルのソフィアCはこのアンドロゲン作用の低いピルなので、この点に関しては問題はありません。

ピルの副作用で太らないための対策法とは

避妊用のピルで太るのは薬の副作用が原因ではなく、食欲が旺盛になることが主な原因です。
そのことを知らない利用者が、避妊用の薬は太るという口コミをしていますが、真実は違います。
避妊用の薬剤が太る原因であれば、全ての服用者が太ることになりますが、そうではありません。
ホルモンの働きで体温が高まったために、食欲が増したことがわかれば、上手に食欲をコントロールして、体重を維持することが可能です。

無理な食事制限はストレスになりますが、ノンカロリーの甘味料に変更したり、低カロリーの食事メニューにしたりすれば、体重増加の予防になります。
例えばご飯に比べてパンはカロリーが高く、ジャムやバターを塗ることでさらに高カロリーになります。
特にクロワッサンのようにバターの含有量が多くものは、注意が必要です。

低カロリーの食品には、白こんにゃくやしらたき、そして里芋や長芋などの芋類があります。
豆類もカロリーが低いため、積極的にメニューに取り入れたい食品です。
緑黄色野菜や海藻類はビタミンやミネラルも豊富で、しかも低カロリーなのでおすすめです。

また、中・高用量ピルは副作用としてむくみやすくなるため、太る傾向があります。
副作用としてむくみが現れた場合の改善方法は、利尿作用に優れたお茶の服用です。
身近な緑茶や麦茶の他に、黒豆茶も利尿作用が高いお茶です。
また杜仲茶は水分だけでなく、塩分の排出も促す優れたお茶です。

さらに中・高用量ピルによるむくみは、体内のナトリウム濃度の増加が原因ですが、カリウムの含有率が高いとうもろこし茶やごぼう茶を飲むことで、利尿作用が期待できます。
その他、むくみの副作用を取り除くためには、軽い運動やマッサージも適しています。