ピルとコンドームはどっちのほうが避妊確率が高い?

男性と女性が性交渉をすることで、妊娠をする可能性があります。
これは健康な男女ではありうることですが、結婚をしている夫婦では喜ばしいことであっても、妊娠をして困ることもあります。
妊娠をしては困る場合には避妊をする必要があります。
日本において最も一般的とも言えるのがコンドームによる避妊です。

しかしながら、避妊方法はいろいろあり、最近では経口避妊薬であるピルの服用というのも知られるようになっています。
欧米ではメジャーであるピルは避妊の成功率が高い方法として徐々に浸透している状況です。
そのほかにも各種の方法があるのですが、やはり使う人の体質にも関係するといえるでしょう。
いくつかある方法でもメリットやデメリットもあるので、体質に合ったものを選んだり、併用したりしていくというのもいいでしょう。

ピルにしてもコンドームにしても正しい使い方をすることで、ある程度の効果を期待することができます。
両者を比較してみても成功率に関しては高いともいえるのですが、費用の面や体質の問題、セックスをした時の中出しの感度の問題でもメリットやデメリットを挙げることができるので比較をしてみるとわかりやすいものです。
さらにそれを併用するということも考えていくと両者のデメリットをカバーする事ができる場合もあるのです。

どの避妊方法についても比較をしていくことができるのですが、やはり重視したいのが、二人のセックスを心地よいものにすることができるのかという中出しの問題や費用がどの程度かかるのかという問題、そして避妊の成功率といった問題になることでしょう。
セックスの感度なら中出しができて気持ちよさを感じることができるようにしたいですし、費用ならできるだけ安く済ませたいものです。

お互いの体質などのことも考慮しながら、両者を補うことができる併用なども含めて比較検討していきましょう。
そして安心をして二人でスキンシップを図っていきたいものです。

ピルとコンドームのメリットとデメリットを比較

それではピルとコンドームのメリットについて、触れてみましょう。
ピルというのは女性ホルモンの入った錠剤であり、体を妊娠しているような状態にホルモン剤で作り上げるものであり、排卵を抑制することができるので、体内の精子が入ったとしても受精卵ができることはないのです。
毎日服用するように習慣づけることでほぼ100%に近い成功率を誇るため、最も効果の高い方法といわれます。
また、セックスをする際にも素肌で中出しもでき、お互いに感度が高くなるために快感を得ることができるといわれます。

次にコンドームのメリットについては、タイミングよく着用することで成功率を高めることができるのですが、何よりも性感染症の予防にもなるということがいえるでしょう。
行為をする際にその都度着用していくようになり、ゴムに中出しでき、手軽で費用もリーズナブルであるということもいえます。
入手方法としても薬局やコンビニなどで気軽に購入することができます。

デメリットに関しては、ピルの場合は体質にもよるのですが、副作用の問題があります。
多くの場合で吐き気や頭痛、腹痛などによる下痢といった症状が服用初期に出ることもありますし、ピルに含まれるホルモンには血液を凝固させる働きもあるために血栓症になることもあります。
ほとんどの副作用は体が慣れてくるころには収まるものですが、場合によっては医療機関にかかるくらいの状態になることもあります。
費用に関しても1ヶ月1シートあたりで3千円くらいかかりますし、入手するためには産婦人科を受診しなければなりません。

それに対してコンドームでは破けたりすることで避妊に失敗してしまう可能性もあり、セックスの際には安心していることができません。
こういった両者のメリット、デメリットを比較してみても良し悪しがあるので、両方を併用していくようにするのが最も良い方法といえるでしょう。
性感染症の予防のためにも併用をおすすめします。