ピルの効果は避妊だけじゃないって知ってた?

避妊薬として知られるピルですが、この薬には避妊を目的とした利用の他に、生理痛等の月経困難症や子宮内膜症の抑制等、避妊以外の副次的な効用を目的とした服用もよく行われています。
ピルにはエストロゲン等の女性ホルモンが含まれている為、その効用に期待して避妊以外でも広く使われているのです。

その効果は生理痛や子宮内膜症等の子宮関連の病気、更年期障害等の女性特有の症状に効くとされています。
では、避妊以外にどういった効果が期待できるのか、具体例を挙げて説明していきましょう。

生理不順や生理痛、月経困難症は辛いものです。
ピルには生理時の出血量を減らす作用があり、子宮の収縮を抑える効果もある為に生理痛を緩和する効用があります。

また、子宮内膜症になりにくくなるといった効果もあります。
すでに子宮内膜症を患っている場合は、その症状とされる月経痛や慢性疼痛、性交時の痛みや排便の際の痛も軽減され、後の改善が期待できます。

そしてピルを服用することによって生理周期も安定します。
28日周期の本来の正しいサイクルとなりますので、整理が遅れたり、早く来るといった生理不順の改善にも効果があります。

ピルには女性ホルモンを安定させる効果の他に、体内の男性ホルモンの作用を抑える効果もあります。
その効用のおかげで体内のホルモンバランスが安定し、加齢によってホルモンバランスが崩れていくことによって症状が現れるに更年期障害や、これも加齢にって発症するケースの多い骨粗鬆症を予防する効果があります。

また、月経困難症とともにPMSといわれる生理前症状の強い人には、その症状を抑える効果もあります。
痛みやイライラ、倦怠感や眠気といった苦痛が抑制されます。
更に生理の日取りをある程度はコントロールする事もできますので、別の病気で体調を崩している場合などは、その病気の経過具合を見ながら生理日を迎えるといった事も可能となります。

補足情報

避妊以外にも生理痛に効果のあるピルについての詳細情報は下記テキストをクリックしてみてください。

ピルを使った生理痛緩和について

卵巣・子宮体がんに対しての予防効果もある

ピルには女性ホルモンの一つである黄体ホルモンも含まれています。
黄体ホルモンには長期間服用することによって子宮内膜を保護し、子宮頸管粘液を変化させる作用があります。
これらの作用によって子宮体がんや卵巣がんの予防となり、細菌等が子宮内へ入り込む事も防止されますので、卵管炎等のリスクが軽減されるという効果も期待できます。
また女性ホルモンによる子宮内膜を保護作用は、卵巣がん・子宮体がんを予防する効果もあります。

この予防効果はピルを長期間服用するほどに顕著となります。
5年継続すなら約3割、10年継続で約4割、15年継続では約5割まで、卵巣がん等になる可能性の予防効果があるとされています。
また長期間の服用の後に服用を停止したとしても、その後30年にわたって卵巣がん等にかかるリスクが軽減され、子宮体がん、卵巣がんの予防になったという海外での研究報告もあります。

ただ、子宮がんは大きく分けて2種類あります。
子宮内部にできる子宮体がんと子宮の入り口にできる子宮頸がんの2種類があるのですが、WHOによる報告によると、ピルは体がんの可能性を減少させることができるが、頸がんに対してはその効果の関係性は明らかにはなっていないとされています。

生理痛や子宮内膜症、月経困難症の改善や女性特有のがん予防に効能のあるピルですが、その安全性はどうなのでしょう。
ピルは世界で最も多く使われ、その反面、安全面で最も誤解されている薬ともよくいわれます。

しかし最近の低用量ピルは体への影響を抑えるためにホルモン量を減少させてきました。
そうした対策によって吐き気や頭痛等の影響も抑えられ、以前は懸念された血栓症のリスクも、妊娠によるリスクの半分以下となっています。

またピルの危険度を1とすると、妊娠、出産のリスクは6、煙草のリスクは167とされています。
ピルがいかに安全か、煙草の危険性とともによく理解できますね。

このようにピルは安全性が高く、避妊以外にも女性特有の病気に良い作用のある薬です。
これらの症状で医師の処方を受けたなら、不安を感じずに服用されることをお勧めします。